今日の仕事

梅酒。

(2016/6/12)

写真

梅雨の時期、梅、らっきょ、新生姜などが出始め、和食にとっては仕込みが一番忙しい時期となります。

去年の梅酒テイスティング。

三周年。

(2016/6/10)

写真

おかげさまで今日6月9日で、三周年。
カンパーイ。

鰊茄子。

(2016/6/1)

写真

初夏の一品。

身欠きニシンを一晩かけて米の磨ぎ汁で戻し、30分程素炊きした後、酒、黒糖、濃い口醤油で含め煮にします。

水無月。

(2016/6/1)

写真

今日はおくんち小屋入り。
朝から、町の至る所からシャギリの音色が聞こえてきます。

ぶらり眼鏡橋沿い散歩中~。

こどもの日。

(2016/5/5)

写真

菖蒲を飾って、これから夜のお客様をおでむかえ。
五月豆腐、鯛兜煮、柏餅などのお節句料理。

お気に入り。

(2016/5/4)

写真

本通りの道から脇に入ると、心地よい風が通る素敵なな小道があります。

陶器市。

(2016/5/4)

写真

今年もやって来ました。有田陶器市。

鯉のぼり。

(2016/4/27)

写真

休憩中~川沿いぶらり散歩。
もう皐月。

竹の子。

(2016/4/21)

写真

地物竹の子は最盛期。
竹の子は、だし食いの酒飲み。
昆布鰹、酒をふんだんに利かせ、強火でさっと炊いて含め煮にしておきます。お客様にお出しする直前に一気に炊き詰めてお出しします。


 


 

おこぜ。

(2016/4/7)

写真

虎魚。瀬戸内物が知られてますが今の時期、橘湾でも
よくあがっています。しかし背鰭だけは猛毒。要注意。
油との相性がよく葛うちしてさっと揚げ、蕗を添えて竹の子と炊き合わせにします。

さより。

(2016/4/4)

写真

針魚。4月に入ると光り物と呼ばれるさよりや、コハダなども旬を迎えます。
さよりは刺身はもちろんですが、一塩して身を締めてから、昆布締めや風干しなどしても、より一層その味が引き立ちます。

ふき。

(2016/4/1)

写真

山蕗が辺り一面生い茂ってます。
じっくり炊いてキャラ蕗煮にしまひょー。

山菜。

(2016/4/1)

写真

昨日の休日。諫早で1日たっぷり山菜とり。
わらび、つくし、ふき、たら芽。

モクレン。

(2016/3/23)

写真

素敵な夜。

モクレンと月夜。

赤貝。

(2016/3/18)

写真

別名サルボウ貝。
缶詰でお馴染みのあの赤貝有明煮。

今の時期、たくさん仕入れて佃煮に炊き上げます。
わらびと白和えにしても美味。

« 前へ 1... 5 6 7 8 9 ...26 次へ »

▲このページのTOPへ